《 システムは更に新化(進化)しています》

-----------------------------------------------------------------------------------

「介護型リハビリシステム2013・CD内容」

   ※画像をもっと鮮明にみせてほしいという方もおられますがご容赦ください。

-----------------------------------------------------------------------------------

【書面システム2013(改訂版)★下記「VのCDセットのみ」含まれます。
          ★UのCDセットには含まれておりません。(ご注意下さい)

          
★当書面システム2011-2013は、Excel2007以上の環境が必要です
           
「Excel97-2003形式」には対応していません。ご了承ください。

 
 
   「加算対応強化」バージョン

 〜 「退所前連携加算」書面と、「退所時情報提供加算」書面、
 「老人訪問看護指示加算」書面に対応した情報提供シート追加 〜


 (★注意下記VのCDセットにのみ含まれます。
              UのCDセット
には含まれません。)


前々回から【書面システム(個人用ケアプラン総合システム)】だけを、
CDセットに「要(含める)V・不要(含めない)U」を選択可能です。
24年度から新規に登場した「認知症行動・心理症状緊急加算」を始め、
新全老健版ケアマネジメント方式R4システムや経口維持加算システム
などの書面に興味のある施設や個人の方が、初期導入を検討する際や
試行的に使いたいときに、お役立て下さい。


 定評のある、要介護認定基準の新一時判定システム(判定ロジック)をプログラム化して、

 今現在の予想要介護度(認知症加算含む)をグラフで知ることができるシステム。

            

介護度が変更となる見込みが出た場合は、早期に変更申請を検討できます。

基本的にここで紹介している書面システムは「認定調査項目データ」を中心に分析して、
その他の各種書類を書き上げる独自のシステムとして進化させてきました。
包括的自立支援プログラムを中心にしたものでしたが、
★R4システムも加えたことで、
どちらかを選択して出力させることが可能です。互いの比較もでき、現場でスムーズに
導入するには欠かせないツールになると考えます。


●●今回の主な変更内容●●

●「情報提供」シートの見直し:
 リストをチェックすることで3種類の加算書類に対応するようにしました。
 「退所前連携加算」⇒介護支援事業所宛て
 「退所時情報提供加算」⇒退所後の主治医・老人ホーム等宛て
 「老人訪問看護指示加算」⇒訪問看護ステーション宛て

               ※当然、主な情報は自動記入されていますので、
                重要事項を加筆するだけでスピーディに提供できます。
   

●「検討記録」シートの見直し:
 通所の利用時間に、「1〜2時間」選択欄を新たに設定
 リスト内容を全面的に見直しグループホーム・有料老人ホーム・サ高住項目を追加
 「利用」選択欄、短期入所の「認知症緊急」加算についてコメント追加
 「経過」表記を、「新規・再利用」時には「申込経緯」に
 「予想」表記欄、システムと介護度相違がある場合「★要再認定」表示
 「退所」選択時に退所日欄が記入を促すように色づけで表示
 「介護認定日」から「有効期限」の入力時に矛盾がある場合、警告表示が出るように
                                等々・・・
●「チェックリスト」シート
 経口維持加算の日付入力・計算システムを全面的に変更

●「R4」シートのプログラム見直し:
      ⇒R4システムの具体的内容は書面システム2012の紹介をご覧ください。
 初回であっても前回比較として表示される不具合を修正
 暫定・初回評価時に比較欄が空白となるよう設定
 コンピューター予想介護度が異なる場合、再認定検討を促すコメント表示
 
●「システム2013」へのバージョンアップに伴い、大部分をチェックしたつもりですが、
 プログラム全てをチェックしたわけではありません。
                ⇒ 基本的には現状での「試行」をお願い致します。


その他:各シートにも細かい修正を加えました。
書面システム2012」から6回の追加・修正を加えて進化してきたものです。



<新>【R4プレインテークシート(新規) 】
★下記UとVのCDセットに含まれます

R4導入施設ならお馴染みの「R4プレインテークシート」。
通常、表裏の2枚となっていますが、1枚にスッキリとまとめました。
記入内容を主に選択方式にしてスピーディかつ、希望・要望を引き出しやすくしてあります。
同時に、「延命治療」についても「希望」をとれるシステムに仕上げたのも特徴です。


           



【リハビリ実施記録管理システム(改訂)★下記UとVのCDセットに含まれます

個別対応・加算・レク・実施記録・集計作業を1つにまとめたリハビリ全体管理システムです。

@「入所個別・曜日予定」について
開始設定を「午前・午後」、「1〜18の番号」で順番変更可能に。
A「入所個別・曜日予定」について
「各階」表示に加えて、両方合わせた「合階」表示するシートを追加。
B「個別記録表」および「入所個別・曜日予定」について
施設名表示を1階データの入力内容とリンクするよう設定
C「各階データ(データべース)」について
日付を土曜日を青に、日曜は赤に表示。
加算選択すると、加算選択部分と名前、利用曜日をピンク背景に設定。
通所短期集中リハビリTの2単位を選択できるよう設定。
通所1〜2時間リハビリの1〜5単位を選択できるよう設定。
D「各階データ(加算)」について
通所短期集中リハビリTを2単位として集計するように変更。
通所1〜2時間リハビリの1〜5単位を集計できるよう設定。
E「各階データ(実施記録)」について
通所短期集中リハビリTを2単位として記録するように変更。
通所1〜2時間リハビリの1〜5単位を記録できるよう設定。
F「リハ月間集計」について
リハ実施集計表(内)の加算リハ集計を単位数の合計となるよう変更。
G「各階データ(加算)」について
入所のショートで、加算「○」が表示されない不具合を修正。
H「通所データ」について
「加算リハ実施記録表」の表示範囲を拡大。2枚印刷に変更。



その他の内容 (継続) 】
※「書面システム2011〜2013」については、Uのセットに含まれておりません。


●上記は全てCDの内容です。表示(予告)内容は一部変更になることがあります。


 
※このページ一番下の【ご注意】欄をお読みになり、ご理解の上でご注文下さい。


  施設に有益となる内容ですので、なるべく施設に負担してもらいましょう。
  当研究所の運営趣旨をご理解の上で、個人でご購入いただいても結構です。


----------------------------------------------------------------------------------



               【お知らせ】


    最新型「
介護型リハビリシステム2016」を紹介しています。
          こちらをクリックしてご参照ください。




----------------------------------------------------------------------------------



                
【ご注意】

 ご提供しているすべての内容は、基本的に「試用」を目的としてつくられています。
 そのため購入先での施設形態・業務内容に一致しないことがあります。
 内容は知的所有権・著作権により保護されています。
 複写・複製・二次的著作物を作成して配布・転載はできません。
 Windows98(なるべくXP)以上・Excel2000()以上は環境として必要です。
 (
「書面システム2011以降」のみExcel2007以上の環境が必要となります。)
 システムやプログラム参照等が目的の為、その後のフォローは行なっておりません。







                     <介護型リハビリシステム研究所>


   
         ★最新情報★
  「介護型リハビリシステム2016」
        是非ご覧ください。