DMのインチ変更

   〜 24インチを22インチに可能か? 〜

--------------------------------------------------------------------------------

当施設では某メーカーの「DM」という車いすを購入することが多いです。
同じメーカーの車いすを購入していれば、パーツの互換性・流用性が高く、
もし壊れても部品車として使うことができるからです。

--------------------------------------------------------------------------------



ずいぶん前にも特集しましたが、車輪の変更で座面高を変えることができます。
ただ、同時にブレーキ位置も大きく変更する必要があり、最近の車いすでは
無理だと思っていました。

しかし、一部の車いすでは可能であることを発見したので報告したいと思います。




↑これはDM91(左)DM81(右)。 2台とも重量は17.6kg。

前座高がDM91は43cmで中床、DM81は47cmで高床タイプとなっています。

タイヤのインチ数はどちらも24インチ。そのため肘かけとタイヤの隙間が異なります。
※上画像の黄色の線で確認してください。左は肘かけのすぐ脇にタイヤがあります。





↑インチ変更で重要なのが、ブレーキ位置が変更できるかどうか。
これはDM81です。通常はこのように移動できないようになっています。





↑そして、これがDM91。なんと!位置変更用の穴が開いています。





↑インチ変更時に、ブレーキ位置を調整可能です。(22インチ変更後に撮影)





↑22インチにすると肘かけからタイヤの距離(スペース)もでき、余裕ができます。

後座高は1.3cm程ですが、下げることに成功しました。



【結論】
DM91はインチ変更が可能!!

(当施設の車いすをチェックして回った上での結論です。変更されている可能性もあります。)





                                   (介護型リハビリシステム研究所)
                                 介護型リハビリシステム2016公開中
●「車いす整備」でご検索下さい。
〜システムでよりよい未来へ〜
介護型リハビリシステム研究所
理学療法士,介護,医療,リハビリ,
システム,通所,ソフト,開発,車椅子,整備,修理,機器,製作,独自,作成,PT,研究,紹介,指導,介護老人保健施設,老健,介護保険,中間施設,環境整備,車イス,メンテナンス,メインテナンス,アイディア,論文,学会発表,大会発表,ケア,ケアプラン,
リハビリテーション実施計画書,個別リハビリ,パソコン,工夫,リスクマネージメント,安全対策,やり方,方法,ヒント,具体策,キャスター,大車輪,フレーム,シート,虫ゴム,チューブ,ハンドリング,ブレーキ,フットレスト,アームレスト,Wheelchair,