車椅子検証シリーズ「車椅子は語るA」

   
 致命傷車椅子ファイル

      【切り裂き魔、出現か?】
◎このシリーズは、作者の経験と思い込みで構成しています。予め、ご了承下さい。

車椅子の点検・整備を長いこと続けてくると時々、「なんちゅう壊れ方すんじゃ?!」と
驚いてしまうことがあります。

逆にそこを調べると、商品の欠陥や使われ方の特色などが見えてくるのも事実です。
まさに、「壊れた車椅子が語りかけてくる」がごとくです。

今回、運ばれてきたのは正月の外泊で貸し出した際にパンクして戻ってきたものですが、
あまりにすごい状況であったために紹介いたします。

←右側がパンクしています。
↑介助用車椅子です。このタイプは本人が操作するのではなく、介助者が操作します。
その為、普段自操(自分での操作)では行けそうもない所まで無理に入る可能性もあります。

始めは、単なるパンクだろうと思ってじっくり観察したところ・・・・・・

↑タイヤ上の矢印部分になにやら切断面を発見しました!更によ〜く見ると・・・・



↑約4cmも、すっぱりと切れていました。内部のメッシュ部分まで切れてます。
ここまで切れるなんてことは、ありえないです。ダートでレースでもしない限り。

ご家族を質問攻めにするわけにもいきませんので、自分なりに推理してみたので
幾つか考えられる原因をあげてみたいと思います。

@もともとタイヤが劣化していた(青矢印部分に横へ亀裂が無数に入っています)。
A利用者も体格がよかった上に急に外で使ったことで思わぬストレスが加わった。
B何か、鋭利な部分に急激に引っかかった(これが一番大きいと思いますが)。

これ以外の要因として、やはり白(灰色)タイヤは耐久性も強度もなく、もともと室外用に作られて
いないということがあるでしょう。 ※参考はこちら⇒「車椅子のタイヤがなぜ白っぽい?」


白タイヤ車椅子は室内用として作られたものです。室外では慎重に使いましょう。
「黒タイヤの車椅子を探すのが無理」という現状もありますが、修理費用は馬鹿になりませんよ。



                                     (介護型リハビリシステム研究所)
ぱっかりこ