有料シート交換

---------------------------------------------------------------------------

入所利用者が使っている個人所有の車椅子。

何年間も使ってきたそうで、シートがだいぶ痛んできました。

そのシートを綺麗にしたいという本人・ご家族の希望で交換することになりました。

---------------------------------------------------------------------------





↑これが今回、シートを張り替えることになった車いす。
場合によっては買い換えた方が安くすむかも知れませんよ・・・とお話しましたが、
なるべくこの車いすを使っていきたいとのこと。
数年前、実費をいただいて丈夫な黒タイヤに交換したのですが、
そのタイヤは今も黒光りして、溝もしっかり残っています。




↑座っていたり、遠くから見るには目立ちませんが、背もたれにシミがついています。




↑よく見ると肘当ての角にも穴が開いていますし、変色しています。
座面シートもヨレヨレになってきています。

これら全てを業者に頼んで新品に交換してもらう・・・というわけです。




↑業者(車いす屋)さんがやってきました。
シートの生地・柄・色など好きに選べるのですが殆どの方は、同系色に落ち着きます。
誰でも結局のところ、好みは決まっているようです。




↑見積もりを出してもらいました。

背もたれシートが8000円、座面シートが4000円、肘当てシートが左右で7000円。
合計約2万円と、当方の予算に合わせて良心的な価格にしてもらえました。

薄いスポンジが入っていて、尚且つダブルスティッチの業者さんオリジナルだそうです。




↑綺麗にシートを交換してもらうには、持ち帰って工場で行うのが良いそうで、
代わりに代車を用意してもらいました(向かって左)。
この代車が以前紹介した「歩行車兼用車いす」だったのです。




↑一週間後、ピカピカの状態で戻ってきました。
やはり、環境問題を考えると今あるものを手直しして使っていくのが一番です。




↑この通り、すっきりピカピカ!!




↑早速、試乗です。本人もかなり満足したようです。




↑業者さんが自慢していたダブルスティッチ。「ポケットも大きいですよ」と強調していました。


座面シート交換が4000円位なら、また何かの機会に頼んでもいいかな?と思っています。
今回お願いした車いす屋さん





                                   (介護型リハビリシステム研究所)

〜システムでよりよい未来へ〜
介護型リハビリシステム研究所
理学療法士,介護,医療,リハビリ,
システム,通所,ソフト,開発,車椅子,整備,修理,機器,製作,独自,作成,PT,研究,紹介,指導,介護老人保健施設,老健,介護保険,中間施設,環境整備,車イス,メンテナンス,メインテナンス,アイディア,論文,学会発表,大会発表,ケア,ケアプラン,
リハビリテーション実施計画書,個別リハビリ,パソコン,工夫,リスクマネージメント,安全対策,やり方,方法,ヒント,具体策,キャスター,大車輪,フレーム,シート,虫ゴム,チューブ,ハンドリング,ブレーキ,フットレスト,アームレスト,Wheelchair,