車椅子検証シリーズ「車椅子は語るE」

   
 致命傷車椅子ファイル

     【リクライニング背もたれ破損】
◎このシリーズは、作者の経験と思い込みで構成しています。予め、ご了承下さい。

車椅子の点検・整備を長いこと続けてくると時々、「なんちゅう壊れ方すんじゃ?!」と
驚いてしまうことがあります。

逆にそこを調べると、商品の欠陥や使われ方の特色などが見えてくるのも事実です。
まさに、「壊れた車椅子が語りかけてくる」がごとくです。

今回、スタッフが「面白い壊れ方をしたのを見つけました!」と持ってきた車椅子は
なんと!リクライニング車椅子の背もたれが根元からぽっきり折れていたんです!!

・・・・・それでは、早速ご覧ください・・・・・




今回の「被害車」リクライニング車椅子です。左の肩がガクッと落ちてます。





↑根元の拡大写真です。完全に外れているのが分りますか?
左肩関節の骨折・・・といった感じです。 根元は全体的に錆びきっています。




↑反対側の画像です。通常はこのような状態で、可動するようになっています。


では・・・、
なぜこのような壊れ方をしたのでしょう?

・・・2つの疑問点が浮上しました。  (._・;)>?
@なぜ、錆びていたのか?
Aなぜ、壊れたのか?



@については、色々と考えました。
まず、溶接が不十分であった可能性、確かにその要素もあるでしょう。
でも、筒の中で「錆び」が生じたことには"どうしても"疑問が残ります・・・
「錆び」が発生するには水が入り込んだ可能性があるのです。
試しに外れた筒の中を覗いて見ると汚れが相当たまっていました。



なぜ?筒の中にこんなに汚れが入っているのでしょう?疑問に思いませんか??

・・・でも、次の画像を見ると「すっきり」すると思いますよ




↑ほら!入る所がバッチリあります(介助用グリップのそば)。ヘッドレスト(枕)を差し込む穴です。
でも、ホコリや汚れが入るのはわかりますが、なぜ、このような高い所から水が入ったのか・・・?

「!!!」それは、車椅子を無責任に「洗車」していたのが原因と思われます。
以前から、車椅子を表でジャー、ジャー洗っていたのは知っていて「大丈夫かなぁ〜・・・」と
心配していたのですが、このような盲点があったのです。

水洗い(ホースによる水かけ洗い)の欠点はまだあります!
それはAの「なぜ壊れたのか?」で考えていきたいと思います。




↑黄色矢印の側板・肘掛け差し込み部分を外そうとしても固着していて外れませんでした。
根元には錆びが浮いていますし、これも洗車が原因と思われます。
・・・・と、いうことは・・・
この折れた「背もたれ可動部分」も固着していた可能性が十分に考えられるわけです。

つまり、もともと錆びて弱くなっていた所に、固着した可動部を無理に動かそうとして
    「ぼきっ!!」
と、折ってしまった・・・可能性が非常に高いと思われます。

おそらく動かないから、体重をかけて無理やり一気に動かそうとしたんでしょうねぇー。。
いつもの様に動かない時点で、おかしいと届けてくれれば何とかなったのかも知れないのに・・・
テコとして一番大きな力が加わる「構造的に弱い部分」に、何の補強もないというのも変です。

------------------------------------------------------------------------------
   ・・・では、ここでまとめさせていただきます。

@車椅子は水で丸洗いしない(拭き掃除が基本)。
  もし、諸事情で水洗いが必要な時は、水切り・乾燥をしっかりして「可動部に注油」しておく。
A可動部に妙な抵抗感(異常)があったら、無理して動かそうとせず、修理担当に見せる。
Bこの部分は、メーカーに何かしら「補強」するなどしてもう少し強度を上げてもらいたい。


車椅子の説明書にも「ホースなどで、直接水をかけないでください。」と書いてあります。
⇒一体、医療・介護に関わる方がどれだけ説明書を読み込んでいるか疑問ですが・・・。
⇒取扱説明書の内容自体にも疑問点を感じているので、近く特集を組む予定でいます。

------------------------------------------------------------------------------

・・・今回の車椅子・・・溶接すれば何とかなるかも知れませんが、
                        もう片方も不安なので部品車にすることにしました。


   
車椅子の破壊には「サビ」が関わっているようです。
      近く、サビについての特集を組みます。
              お楽しみに!




            ●殆どの車椅子は、「偶然」ではなく、「必然」で故障しています。 (-"-)



                                     (介護型リハビリシステム研究所)
←それにしても何の補強も
  ないようです。