フットブレーキ調整 

  〜 リクライニングタイプ介助用ブレーキ 〜


----------------------------------------------------------------------------------

リクライニング車いすには、介助者が足でブレーキをかけるタイプがあります。
このブレーキをかけても戻ってきてしまうという症状になってしまいました。
移乗時に動き出してしまうので何とかしてほしいとのことです。

----------------------------------------------------------------------------------






↑高機能のリクライニング車いす。定価で20万円以上する高級品です。





↑その名は「オアシス」。





↑これが足で踏んでかけるタイプのブレーキになります。





↑踏むとこんな感じで下がります。
これがちょっとした弾みで「ピョン」と元に戻ってしまうという症状が出ていました。





↑左右を比較してみると、ロック構造に問題がありそうでした。
ここの凸部分を削るともう少ししっかりロックがかかりそうです。





↑早速、分解して・・・・。





↑凸部分をグラインダーで削りました。





↑ロックできてもブレーキそのものが甘かったので、
ブレーキも調整することに。どうやら過去一度もやっていなかったようです。
ここの奥に調整するネジがあります。





↑拡大画像です。ここのネジ部分を調整します。
(実はこれは調整した後で、調整前は凸部分が短い状態でした。)





↑調整方法は六角レンチとスパナを使います。
ブレーキの状態を確認しながら微調整して締め付けます。

左右、同じように調整したら作業は終了です。
気持ちよく「パチン」「パチン」とロックと解除ができるようになりました。





    ●介助者用ブレーキも定期調整が必要です


※実はこの車いす、ちょっと前まで廃車という危機的状況に陥っていました。次回特集します。


                                   (介護型リハビリシステム研究所)




●検索●「車いす整備 車椅子管理」
〜システムでよりよい未来へ〜
介護型リハビリシステム研究所
理学療法士,介護,医療,リハビリ,
システム,通所,ソフト,開発,車椅子,整備,修理,機器,製作,独自,作成,PT,研究,紹介,指導,介護老人保健施設,老健,介護保険,中間施設,環境整備,車イス,メンテナンス,メインテナンス,アイディア,論文,学会発表,大会発表,ケア,ケアプラン,
リハビリテーション実施計画書,個別リハビリ,パソコン,工夫,リスクマネージメント,安全対策,やり方,方法,ヒント,具体策,キャスター,大車輪,フレーム,シート,虫ゴム,チューブ,ハンドリング,ブレーキ,フットレスト,アームレスト,Wheelchair,