その他の環境整備【305】


  下肢装具のフィッティング@

       〜よくあるベルトの間違い固定〜


--------------------------------------------------------------------------------

 足装具のベルト固定にはちょっした注意点があります。
 特に「足首のベルト」については装具の効果、歩行状態が大きく変わってくるので
 取り付けに関しては細心の注意が必要です。
 間違ったり不十分な固定をすると、変形をすすめたり転倒するリスクも生じてきます。

--------------------------------------------------------------------------------





↑今回、初回の身体評価時に装具のチェックを行いました。
左半身麻痺の方で画像のような支柱付装具を使われていました。





↑リハスタッフ(PT)が装具を装着させて連れてきました。

                 
( ̄ー* ̄)

「私が足首ベルトをきちんと定位置に締めておきました!」とドヤ顔してましたが・・・。

※ベルトと鐙金具が同色なので、分かりやすく黄色でラインをつけています。

そのスタッフは以前、当ホームページ内にて間違いをご教示いただいた方です。。
当時は学生でしたが、近年晴れて同僚(プロ)となりました♪♪

その時のこともあり、

       今回は間違えないぞ!
と張り切って取り付けたのでしょう♪


        
    「 だがしかし 」

     う〜・・・・・・・またしても、以前と同じ間違いをしている・・・・・・・・・

                 
(ノД`)


仕方ありません。。ここは、特集で再度「人柱」となっていただきましょう。。

基本的に内反尖足傾向の場合、外踝方向にベルトで引き寄せては
×です。
余計、内反位になります。外踝が無理に押しつけられてケガすることだってあります。

●詳しくは以前の特集をご覧ください。
意外にも「装具 ストラップ 間違い」で検索トップにヒットしました!
(最近は自分のページ探すのにネット検索を活用しています。) (;´▽`A`` 






↑なので、「直ぐに」ベルトを内側に戻しておきました。。。
この後、スタッフはもう一度装具の教科書を見直していました・・・・・・・。
「なるほど〜」だそうです  ・・・・ ( ̄▽ ̄; ・・・・・
いや、プロが間違えちゃマズイヨ





↑まだ、こちら(内踝側)に回した方が意味があります。





↑ただこの方、足クローヌスは出るものの、内反尖足はそれ程強くありません。
ベルトのカシメ位置を見る限り、主に踵を押さえるためのベルトと判断します。





↑つまり、このケースは両方共、支柱の内側で正解なのでした。

そこの学校の先生、臨床スーパーバイザーさん、大丈夫ですよね??



◎使用方法、整備方法わからない場合は専門家にご相談ください。
 なるべく製作してもらった「装具屋」さん、
 次いで「理学療法士」が理解しているはずてす。







                                (介護型リハビリシステム研究所)



〜システムでよりよい未来へ〜
介護型リハビリシステム研究所
理学療法士,介護,医療,リハビリ,
システム,通所,ソフト,開発,車椅子,整備,修理,機器,製作,独自,作成,PT,研究,紹介,指導,介護老人保健施設,老健,介護保険,中間施設,環境整備,車イス,メンテナンス,メインテナンス,アイディア,論文,学会発表,大会発表,ケア,ケアプラン,
リハビリテーション実施計画書,個別リハビリ,パソコン,工夫,リスクマネージメント,安全対策,やり方,方法,ヒント,具体策,キャスター,大車輪,フレーム,シート,虫ゴム,チューブ,ハンドリング,ブレーキ,フットレスト,アームレスト,Wheelchair,