自動ブレーキ車いすA

    〜 自動ブレーキのかかる仕組み 〜


--------------------------------------------------------------------------------

1台約5万円(2017年4月現在)で、自動ブレーキ搭載の新型車いすを購入しました。

車いすに標準で装備されている自動プレーキとは如何なるものでしょう??

--------------------------------------------------------------------------------



 

↑届いたばかりの新車になります。
利用者のブレーキかけ忘れ事故を防ぐための自動ブレーキがついています。

自動ブレーキは乗用車でも流行っているくらい、今時の最新仕様となります♪





↑今回は3の場所に設置されている自動ブレーキについて説明したいと思います。





↑シートの下にはクロスバーに、センサー棒(滑車)がガッチリついています。





↑誰も座っていない(立ち上がった)状態ではこのようにロックがかかっています。



 

     ↑座っていない状態の座面下         ↑座っていない状態のブレーキ裏面 



 

↑座って座面に圧がかかると滑車部分が押し下げられ、反対側が持ち上がります。
すると、ブレーキのかかっている部分が下げられて解除となります。





↑ブレーキがタイヤから放れた「解除」の状態です。
完全にフリー状態なので前後左右自由に動かして移動することができます。



【まとめ】

       「車いす自動ブレーキ」

      座る ⇒ ブレーキ「解除」

      立つ ⇒ ブレーキ「作動」



       
◎基本的にはこのような構造になっています。




★ただし、このタイプは・・・「ノンバックブレーキ」なんです。

「ノンバックプレーキ」というのは、前方はフリーに動いてブレーキがかからず、
後方のみブレーキロックがかかって動かない仕組みになっています。




↑説明書の一部になります。



  ◎次回はこの「ノンバックブレーキ」の構造について
          解説したいと思います。





                                   (介護型リハビリシステム研究所)
                               
●検索●「車いす整備 車椅子管理」
〜システムでよりよい未来へ〜
介護型リハビリシステム研究所
理学療法士,介護,医療,リハビリ,
システム,通所,ソフト,開発,車椅子,整備,修理,機器,製作,独自,作成,PT,研究,紹介,指導,介護老人保健施設,老健,介護保険,中間施設,環境整備,車イス,メンテナンス,メインテナンス,アイディア,論文,学会発表,大会発表,ケア,ケアプラン,
リハビリテーション実施計画書,個別リハビリ,パソコン,工夫,リスクマネージメント,安全対策,やり方,方法,ヒント,具体策,キャスター,大車輪,フレーム,シート,虫ゴム,チューブ,ハンドリング,ブレーキ,フットレスト,アームレスト,Wheelchair,