ロックしない背もたれ 

〜 リクライニング機構の故障ケース その1 〜


--------------------------------------------------------------------------------

比較的、最近購入したタイプの現行型リクライニング車いすの話題です。
ある日リクライニングの角度調整をした後に静止できなくなってしまいました。
ワイヤーにはまったく問題がありません。一体、何が原因なのでしょう???

--------------------------------------------------------------------------------




↑運ばれてきたのはこのタイプのリクライニング車いす。





↑片側のロックが効かず、止めることができないそうです。





↑よくよく調べてみると、原因はこの画像でもハッキリ出ていました。

ギザギザ模様が確認できると思いますが、
これは単に飾りではなく「引っかけて固定するための爪」なのです。
このギザギザ位置が本来の位置とズレたことで、ロックが効かなくなっていたようです。





↑ちなみに前向きにすると、きちんとロックが効きました。

ただ、このまま使っているとまたズレて固定が効かなくなってしまいます。
ズレる原因を調べて何とか対策しなくてはなりません。





↑ほどなくして原因を発見!!
ここのネジが緩んでしまい、徐々に回転してギザギザ部分が合わなくなったのです。
ネジの隙間が確認できると思います。





↑位置を合わせてきちんと締め付けて修理完了。
ついでに「反対側のネジも同時にチェック」しました。


この後、普通に使えるようになり現場復帰となりました。





●ネジが緩んでズレただけで使えない、この構造は問題です。
もし、この症状になったらギザギザ位置を確認して固定しましょう。




                                   (介護型リハビリシステム研究所)
●検索●「車いす整備 車椅子管理」
〜システムでよりよい未来へ〜
介護型リハビリシステム研究所
理学療法士,介護,医療,リハビリ,
システム,通所,ソフト,開発,車椅子,整備,修理,機器,製作,独自,作成,PT,研究,紹介,指導,介護老人保健施設,老健,介護保険,中間施設,環境整備,車イス,メンテナンス,メインテナンス,アイディア,論文,学会発表,大会発表,ケア,ケアプラン,
リハビリテーション実施計画書,個別リハビリ,パソコン,工夫,リスクマネージメント,安全対策,やり方,方法,ヒント,具体策,キャスター,大車輪,フレーム,シート,虫ゴム,チューブ,ハンドリング,ブレーキ,フットレスト,アームレスト,Wheelchair,