難解カバーブレーキ

           〜修理編〜


--------------------------------------------------------------------------------

「ブレーキが歪んでしまって狭い場所で邪魔になります。」と運ばれてきた車いす。
このブレーキ・・・、前回も「難解」として取り上げたタイプでした。
今回はそれを上回る「難解」ケースでしたので、再度特集したいと思います。

--------------------------------------------------------------------------------




↑ このような張り紙とともに届けられた車いす。。





↑一体誰がどうやったのか・・・??。
片方のブレーキだけ外側に向かって「ぐにっ」と曲がっています。





↑根元から曲げられた状態で、修正するにもカバーが邪魔です。
前回の経験があるので、まずは内側からカバー用のネジを外そうとすると・・・!!!


       σ(・_・? あれ・・・




↑カバーを外すネジがどこにも見当たりません。





↑前回の画像はコレ。確かにあったはずのネジが見当たりません。。。 ̄∇ ̄;)   





↑もしや・・・と思い、ブレーキ取付ネジを分解すると。。。。





↑ありました。フレームに完全に隠れていたのです。
どんだけ面倒で難解なブレーキなのでしょうか・・・・・・(;´Д`)・・・・・・





↑小さなネジ2本で「難解カバー」は簡単に外れました。





↑適当な場所で、適当な当て金を差し込み、適当に歪みを修正します。。





↑何とか、歪みを修正しました。





↑空気をきちんと入れて、ブレーキを調整して、現場復帰となりました。


●重要箇所に整備性の悪い部品が使われているのは本当に困ります。







                                   (介護型リハビリシステム研究所)


●「車いす整備」でご検索下さい。
〜システムでよりよい未来へ〜
介護型リハビリシステム研究所
理学療法士,介護,医療,リハビリ,
システム,通所,ソフト,開発,車椅子,整備,修理,機器,製作,独自,作成,PT,研究,紹介,指導,介護老人保健施設,老健,介護保険,中間施設,環境整備,車イス,メンテナンス,メインテナンス,アイディア,論文,学会発表,大会発表,ケア,ケアプラン,
リハビリテーション実施計画書,個別リハビリ,パソコン,工夫,リスクマネージメント,安全対策,やり方,方法,ヒント,具体策,キャスター,大車輪,フレーム,シート,虫ゴム,チューブ,ハンドリング,ブレーキ,フットレスト,アームレスト,Wheelchair,