リクライニング故障

      〜ワイヤー断裂の応急修理〜


--------------------------------------------------------------------------------

「ブレーキのワイヤーが抜けているので修理して下さい。」と軽く頼まれて、
現場に見に行きました。
現場で目にしたのは、ブレーキではなくリクライニング調整用ワイヤーの断裂。。
直ぐにでも修理して欲しいという要望でしたが、取りあえずお預かりしました。

--------------------------------------------------------------------------------




↑ 運んできたリクライニング車いす。





↑黒い紐状のものが、ぶら下がっていますが、これがワイヤーです。





↑元にあった部分から、ちぎれて抜け出たものです。





↑レバー部分も張りがなくなり、ゆるゆるになっています。





↑留めている根元部分から「断裂」したものなので基本的に長さが足りません。





↑こちらが反対側の正常な状態。

壊れている側は、ワイヤー端を固定する「金具」ごと紛失しているようなので、
仮に新品ワイヤーを手に入れても固定そのものができない可能性もあります。
また、既に処分検討時期に近づいていることもあり、ここで余分なコストをかける
わけにもいきません。

                
 ( ̄〜 ̄;) 

   ・・・とうことは諦めて処分(解体部品)にするしかないのでしょうか?

                
 (; ・`д・´)  

           
いえ!まだ手はあります!?!?


●●通常はここで諦めてください。ここからは応急(裏技)修理になります。●●


 以前も同じような修理をしましたが、今回は固定部品も紛失していましたので
 その部品も何とか調達する必要があります。





↑まず、ボルト・ナット・ワッシャーを用意します(大きさは適当)。





↑ワイヤーの鞘を抜き取り、適当な長さでカットします。
この時はグラインダーを使用。





↑そうするとカットした分だけ、ワイヤーに余裕が生れます。





↑ワッシャーの隙間を通して、ネジを締めていきます。(初公開裏技





↑スプリングを取りつけるのを忘れて、後から再撮影。
修理完了です。操作には全く支障なく普通に使えるようになりました。





↑拡大した画像です。やや強引に処理したのがわかると思います。
※ワイヤー端はこの後、ビニールテープでぐるぐる巻きにして処理。





↑やや遠目に見れば全くわかりません。すっきり綺麗に元通りです。



●たまにしか使わない機能でも、壊れた状態で使い続けるのは、大変危険です。
「修理に出すか」、「故障と張り紙をして保管するか」、「部品車にするか」・・・
早期に決断しましょう。





                                   (介護型リハビリシステム研究所)


●「車いす整備」でご検索下さい。
〜システムでよりよい未来へ〜
介護型リハビリシステム研究所
理学療法士,介護,医療,リハビリ,
システム,通所,ソフト,開発,車椅子,整備,修理,機器,製作,独自,作成,PT,研究,紹介,指導,介護老人保健施設,老健,介護保険,中間施設,環境整備,車イス,メンテナンス,メインテナンス,アイディア,論文,学会発表,大会発表,ケア,ケアプラン,
リハビリテーション実施計画書,個別リハビリ,パソコン,工夫,リスクマネージメント,安全対策,やり方,方法,ヒント,具体策,キャスター,大車輪,フレーム,シート,虫ゴム,チューブ,ハンドリング,ブレーキ,フットレスト,アームレスト,Wheelchair,