ミニミニトーク・小話部屋26 管理人の趣味部屋

                                              
ここでは、管理人が考えたり、体験したりした情報を主に特集しています。


その1:屋根修理

「東関東大震災」で被災に遭われた多くの方々に心よりお見舞い申し上げます。

千葉県内でも、あちこちで被害が出ているようです。
特に見かけるのが瓦屋根の一番上の部分が崩れている状態で、
職場の窓のすぐ外にも以下のような光景が目に映ります。


 

↑雨漏りしないようにブルーシートでおさえた状態です。
あちこちでこのような状態を見かけます。
瓦屋さんも大忙しのようで、どこもこのまま何週間も放置されています。
ブルーシートを張るだけでも高額な手数料をとる業者が横行しているようです。注意しましょう。

うちの家族の実家もやはり同じような被害がありました。
ただ、屋根の端だけが外れた状態でしたので、何とかなるかも・・・・と考えて
ホームセンターに出かけ、店員をつかまえて状況を説明し必要な道具を買い揃えました。

これから紹介する方法は「軽微な破損」にのみ通用するケースであり、「非常手段」であること。
また、
命に関わる大変危険な作業」であることから絶対におすすめしません!
あくまで安全な低位置での参考(ヒント)にしてもらう程度でお願いします。


 

↑これがその状態です。端を止めていた鬼瓦(?)部分が横に飛ばされています。
よく落ちなかったものです。こんなのが頭に落ちてきたら重症どころではないでしょう。
画像で気が付くかも知れませんが、2階の屋根に登っています。。


 

↑接合部分を綺麗にして、シリコーン・シーラント剤をたっぷりと塗ります。
こんなことをやっている間にも時折、余震でグラグラしていたりしました。
(実はこの作業・・・瓦屋へ連絡が全くつかず、震災翌日に行った記録です。)


 

↑このような感じに仕上げました。数週間たった今でも全く問題なく経過しています。



その2:あざらし事件

職場の併設病院から先日、事務の女の子達が騒ぎながらやってきました。
「すみませーん!ここに"あざらし"がいるって聞いてきたんですけどー!!」

当施設の職員は驚いて、
「えっ?ここには"あざらし"なんていませんよ。」
と、返答しました。  
まぁ、普通に考えて"あざらし"なんて飼っているわけないと思うのですが・・・。

それでも事務の子は、
「えー!?でも、確かにいるって聞いてきたんですよー!!!」
と、しつこく聞いてくるそうで、職員同士でなぜそういう話が出なのか考えました。

「あのー、ひょっとして"あんこう"の間違いじゃないですか??」

そうです!!その子達は『シルバー・アンコウ』のことを、なぜか生きている『アザラシ』と
勘違いして、見にきたらしいのです・・・・・何と言う、人騒がせな子たちでしょう。

この非常時になんで『アザラシ』を飼わなきゃならんのでしょう。
動物園から頼まれても無理だと思うのですが・・・・。
アニマルセラピーをやるにしても、うちでは『アザラシ』の選択はないと思います。きっと。



その3:SDカードのデータ復旧


ある日、子供が携帯をいじっていると突然microSDカードのデータを認識しなくなり、
パソコンで見ても文字化けしていて全然認識しない状況になりました。

2GBをフルに無理して使っていたせいかも知れませんが、数年分の写真・動画がパーになって
使っていた本人はかなり落ち込んでいました。。

フォーマットして使うしかないのか・・・と諦めていましたが、
数日後、何気なく検索しているとあるサイトを見つけました。

そこで紹介している「Zero Assumption Recovery(ZAR)」を試しに行って見ると・・・
あきらめていたデータが
殆ど復旧したのです!!
すごい!

いや〜助かりました。本当、有難いです。



その4:電気バイク
クリーンでガソリン価格・ガソリン不足に左右されない。
そんな電気バイクが最近、大手の電気屋さんでも販売されるようになってきました。
実際のところ電気バイクってどうなのか???
次回の特集は、「電気バイク」についてです!!  (≧∇≦)/ 未来体験




 

太陽光発電
ラティース