<危惧なる器具>


      危険な歩行車

    〜近未来的歩行車の意外な欠点〜

----------------------------------------------------------------------
  先日お伝えした「近未来型の歩行車」。
  よくよく観察すると、落とし穴のような危険箇所を発見しました。
  この欠点が解消されない限り、おすすめすることができません。。
----------------------------------------------------------------------





↑この歩行車の何処に欠点があるのでしょうか?
ヒントはシート中央の黄色い警告ラベルにありました。




↑通常この部分は、通常疲れた時などに腰かけとして使われます。
そのため、背もたれもしっかりしたものが備わっています。




↑どう見ても疑う余地のない「腰かけスペース」です。


       ところが!
このシート中央の小さめの黄色いラベルには・・・
          \(◎o◎)/ 



↑いや、ちょっと・・・。   ̄∇ ̄;) 
丈夫そうな腰かけを設置しといて
「座らないでください」はないでしょう。
しかも意外に見づらい。まさか「座るな」と書いてあるとは想像だにしませんでした。




↑ここの操縦桿部分とブレーキレバーが干渉してしまうようなのです。

頭や体が接触するとは言っても、そんな大したことないでしょ。
そう思って実際に腰かけてみると・・・・
見事に体がはまって抜け出せなくなりました!!


        ( ̄□ ̄;)!!

       
 これは
「かなり危険」です。
 無理して立ち上がろうとして転倒する可能性大です。




はっきり言ってヤバイです。この装備そのものが危険です。
   こんな中途半端な警告を張っているくらいなら、
 いっそ
腰かけ部分を外して販売・リースしてください。

 こんな危険な腰かけもどき不要です。
        罠ですか???





↑未来型で格好いいと思っていたこの歩行車でしたが、
意外な(危険な)落とし穴がある製品でした。

格好ばかりにこだわらずに、安全第一で早急な改善を望みます。







                                  (介護型リハビリシステム研究所)


〜システムでよりよい未来へ〜
介護型リハビリシステム研究所
理学療法士,介護,医療,リハビリ,
システム,通所,ソフト,開発,車椅子,整備,修理,機器,製作,独自,作成,PT,研究,紹介,指導,介護老人保健施設,老健,介護保険,中間施設,環境整備,車イス,メンテナンス,メインテナンス,アイディア,論文,学会発表,大会発表,ケア,ケアプラン,
リハビリテーション実施計画書,個別リハビリ,パソコン,工夫,リスクマネージメント,安全対策,やり方,方法,ヒント,具体策,キャスター,大車輪,フレーム,シート,虫ゴム,チューブ,ハンドリング,ブレーキ,フットレスト,アームレスト,Wheelchair,