その他の環境整備E

トイレ環境整備法・パート1

さて・・・・・今回はすごいですよ。
これをやったPT(理学療法士)としては、日本初…いや、世界初かも(?)。

介護職員から、「ある利用者のトイレ移乗介助が大変なんです。何かいい方法は
ありませんか?」との相談をうけました。
その利用者は筋無力症という病気で、徐々に筋力が低下し続けている方なのです。
今迄できていたことができなくなってしまうので、なるべく環境を整えて対処していく
必要があります。

職員の移乗動作介助方法には問題はなく、しかるべき場所に手すりもついています。
車椅子から便座よりも、便座から車椅子が困難な状況でした。
観察すると、車椅子よりも便座がやや低いようです。
筋力の低下している人は、少しでも低い座面からの立ち上がりは大変なので、
便座を僅かにでも高くできれば、改善は期待できます。

では・・・便座を高くするには、どうすればいいでしょう??

@便座自体を高いのに取り替える。
Aトイレの基礎(土台)を高くする。
B便座に何か乗っける。

トイレ自体を高くするのは、背の低い利用者も使うということで、ボツ。
便座に何か乗っけるのも、いちいち大変という意見が返ってきました。
予算もなさそうだし・・・・・八方塞がり・・・・??
トン・・・・トン・・・・トン・・・・トン・・・・
「あわてない、あわてない、一休み、一休み・・・・」(一休さんのアニメを思い出して)
ちーん! (o^-’)b コレシカナイ!


↑余っていたフタです。これを利用します。 ふっ、ふっ、ふっ( ̄∇ ̄ )


↑おおよそ7cmの幅で実際の便座と比較しながら・・・


↑鉛筆で下書きします。イメージわいてきましたか?


↑マジックペンでよく見えるように、ラインを書きました。


↑さて・・・と。屋外で準備完了です。


↑摩擦熱で融かすように切り取ります(融けた臭いがキツイので必ず屋外で)。


↑はい。とれました。すごいでしょ?!ミラクル?????


↑内側から仕上げ削りをします。ケガをしないように注意して・・・・


↑慎重に面取りをします。(微妙な所なのでスイッチを切って撮影)。


↑ヤスリでギコ、ギコ、粗い面をキレイに仕上げます。


↑はい!できあがり〜!!これがフタだったなんて・・・・・。


↑裏はこんな感じですね。


↑2.7cm程度高くなりました。「たかが・・・されど・・・」の世界です。


↑では早速、フタを取替えましょう。


↑裏に2本のネジで締められているので、それを外します。
普通は手で回せますが固い場合は、スパナなどで緩めて外して下さい。


↑外したら真ん中のステンレスの芯を抜き取ります。


↑そうすると、このようにバラけます。簡単でしょ??


↑取替えて元にもどします。多少色が違うのはご愛嬌。区別もつきますし♪

 
↑こんな感じになりました。素晴らしい。売り物みたい・・・と思ってるのは自分だけ?
←開くとこんな感じですね。美しすぎる・・・。

これだと、必要なときに簡単に使えますし清潔です♪


【注意】
グラインダーの作業は大変危険です。
参考にする場合は、自己責任のもとで安全に十分気をつけて行いましょう。



                                (介護型リハビリシステム研究所)
                                   ネット公開日:2003.11.13
じゃ〜ん!変身しました!

    ⇒
ぐいぃぃぃぃ〜〜んんん!!!
ガリ、ガリ、ガリ・・・