その他の環境整備【143】


    「カタカタ」シルバーカー

   〜故障なのか、意図的なのか???〜

----------------------------------------------------------------------
   歩き始めの子供が「カタカタカタカタカタ・・・」と押して歩く玩具「カタカタ」。
   「押し車」とも呼ぶらしいですが、それにそっくりの症状の出るシルバーカーを
   見かけました。
----------------------------------------------------------------------


ある日、現場で歩行チェックをしようとシルバーカーで移動をしてもらうと、
「カタ、、、カタ、、カタ、カタ、カタタタタタタタタタタタタタ・・・・・・・・・!!!!」と
かなり大きなカタカタ音が廊下に響き渡りました。
音的には、幼児の「カタカタ」と似たような感じで、懐かしさすら感じるのですが
本人にとっては気になるとのこと。

勝手に廊下に出てきたことを知らせるセンサーなのかと思いましたが、
夜間だとかなり響きわたって他のカタへの迷惑になりそうです。

早速、原因を調べてみることになりました。


 

↑問題のシルバーカー。かなり使い込まれたものです。


 

↑カタカタ音の場所は、どうやら後輪から聞こえてくるようです。


 

↑よくみるとブレーキロックをかける歯車様の部分に金具がかかっています。
(タイヤ部分なので汚れが付着しております。ご了承ください。)


 

↑金具をここまで持ち上げると、歯車部分に干渉しなくなり
カタカタ音はきれいに無くなります。

やはり、原因はここです。この歯車にブレーキ金具が当たって音が出ていたのです。
つまり、金具をこの位置に持ち上げて調整すれば解決するはず・・・。


        
↓以下にその調整の様子を紹介します。

     

↑ワイヤーの調整はネジを回すことで張り具合を調整できます。
シルバーカーには必ずといってもよいほど、この調整機構は存在します。


結果、カタカタ音はなくなり無理な抵抗もなくなって、操作も楽になりました。
本人も「あ〜静かだし、楽に歩けるようになった!」と、大変喜んでいました。

逆に言えば、軽いカタカタ音を意図的に作り出せば、
移動の様子を伺い知ることが可能「かも」知れません。。。
歯車様の部品にどれだけ耐久性があるかはわかりませんが・・・・





                                  (介護型リハビリシステム研究所)


〜システムでよりよい未来へ〜
介護型リハビリシステム研究所
理学療法士,介護,医療,リハビリ,
システム,通所,ソフト,開発,車椅子,整備,修理,機器,製作,独自,作成,PT,研究,紹介,指導,介護老人保健施設,老健,介護保険,中間施設,環境整備,車イス,メンテナンス,メインテナンス,アイディア,論文,学会発表,大会発表,ケア,ケアプラン,
リハビリテーション実施計画書,個別リハビリ,パソコン,工夫,リスクマネージメント,安全対策,やり方,方法,ヒント,具体策,キャスター,大車輪,フレーム,シート,虫ゴム,チューブ,ハンドリング,ブレーキ,フットレスト,アームレスト,Wheelchair,
⇒     ⇒