S.Kitazono
    簡単プロフィール

昭和60年〜62年・・・千葉県富里町 富里町(市)保健センター 在宅訪問リハ
            保健婦(師)と共に在宅を巡回し、機能訓練指導を行いました。

昭和62年〜平成12年・・・袖ヶ浦市 特別養護老人ホーム さつき会 菜の花苑
            重度痴呆老人が中心の老人ホーム。
            「特養は10年のスパンで見ないと、見えてこないよ」と施設長
            が言っていましたが、その通りでした。

平成1年〜   ・・・千葉県千葉市 介護老人保健施設 晴山会 晴山苑
            モデル施設として、国から第一号として認められた老健。
            「能力別集団リハ」を積極的に展開しています。
            ※小泉純一郎さんも厚生大臣の時に視察に来ました。

平成8年〜12年・・・袖ヶ浦市 介護老人保健施設 さつき会 カトレアンホーム
            立ち上げと共に、初めて「振分表」を導入しました。
非常勤
昭和59〜61年・・・千葉県成田市 鳳生会 藤立病院勤務 → 成田病院に
            当時リハ科では「竹内孝仁先生」を招き、「老人ケアー研究会」
            を毎月開催していました。

昭和61〜平成8年・・・千葉県千葉市 健脳会 千葉脳神経外科病院勤務
            課長の肩書きはあっても、実質一人職場で、数千の急性期
            患者を治療しました。通常PTが一生かかっても診れない数で
            「質と量の共存」はこの時からの課題でした。
            ※「脳卒中の予防と治療」の本ではリハビリを担当しました。
            ※「脳ドック」を流行らせた元祖の病院です。

平成8年〜12年・・・千葉県袖ヶ浦市 さつき会 袖ヶ浦さつき台病院勤務
            精神科と一般科を兼ねた病院で、管理職として勤務しましたが
            精神科の患者治療は一筋縄ではいかず、困難を極めました。
            関連の介護老人保健施設を立上げ何とか軌道に乗せました。

平成12年〜   ・・・千葉県千葉市 晴山会 老人保健施設勤務
            新しいシステムの導入に取り組み、軌道に乗せています。 
            ※本格的なパソコンはこの年から始めました。
常勤
太陽光発電
ラティース