パーキンソン病による「すくみ足」や「小刻み歩行」の改善手段として
  床に障害物を置いたり、線を引くなどの方法はよく用いられている。
   障害物として、杖や棒を利用することもあるが、踏んだり蹴ったりして
  ズレたり、バランスを崩すことも多い。
   テープなどで線を引く場合は、常に同じ位置で使用せねばならない。
   「パーキンソンはしご」は上記の点をカバーしつつも、安価でかつ簡便
  に製作でき、歩行訓練にも非常に有効であったため報告したい。


          PTジャーナル・第32巻第1号・1998年1月号発表
         第9回全国介護老人保健施設大会・1998年発表
         第13回世界PT学会(WCPT) 1999年5月発表
         第6回千葉県理学療法士学会発表

【必要なもの】
新聞紙・・・一日分
セロテープ
ホッチキス

【工程@】
新聞紙を広げて
横に(長く)丸め、
セロテープで
留める。
 ※
2本つくり
 1本の長い棒
 にする。
【工程A】
新聞紙を真ん中
から2つに切る。
 ※
3回繰り返し
全部で6枚にする。
【工程B】
Aの新聞紙を
切り口から、
縦に丸めて、
セロテープで
留める。
 ※
できた6本を
 @の棒に横へ
 等間隔に取り
 付ける。

【完成】
3.5mの平行棒に
ぴったり収まる
サイズとなる。
※要らない時は
 捨てるか畳んで
 収納できる。
 【「パーキンソンはしご」の利点】
@いつでも・どこでも・誰でも製作可能
A足をかけても、すぐに形状が復帰し、
踏んでもバランスを崩すことはない。
B適度な立体感で、収納も容易。
C施設においては、訓練したものを
自主訓練や、移乗手段のおみやげ
として渡すことができる。
D自宅利用(例えばベット⇔トイレ)移乗
が自立し易くなり、利用者の意欲が
増す。同時に介護者の負担が減る。
E製作者と利用者の関係も飛躍的に
よくなる。
(同じ目的の医療器具は20万円近く
するようである。)
右の方は、この「パーキンソンはしご」
を目の前に置かなければ一歩も足を
前に出せない方でしたが、ご覧の通り
すいすい歩行が可能になりました。
一見くだらないように見えるかもしれま
せんが、この器具の意義は大きいと
考えます。

実際、発表時の反響も意外に大きく
多くの発表をすすめられました。
見た目は大したことないんですけどね。
お土産にわたせる」というのもスゴイ!
と思いませんか??
新聞紙5枚でつくる「パーキンソンはしご」